初心者にオススメの筋トレグッズ
食事

飲酒と筋肉の関係性【お酒は筋肉に悪影響?】

結論から・・・アルコールは筋肉に悪い。

 

理論上の話ですが、

アルコールは筋肉に悪影響をもたらすことは間違いありません。

まずお酒を飲むと、

筋トレで分泌される男性ホルモン テストステロンの分泌に

ブレーキがかかります。

 

・テストステロンの作用

  • 筋肉増大。
  • 骨格の発達。
  • 性欲の促進

 

テストステロンは、分泌されればされるほど筋肉の成長に繋がりますので、

アルコールを摂取すると筋肉の成長に悪影響ということが分かります。

 

次に、

ストレスホルモン コルチゾール が分泌されます。

これが結構厄介なヤツです。

ちなみにコルチゾールはアルコールを摂取した時以外でも、

日常でのストレスや空腹時などでも分泌されます。

コルチゾールが分泌されるとどんな作用があるのか?

 

コルチゾールには

筋肉を分解して、糖を生成する働きがあります。

つまりアルコールを摂取すると、

筋肉を分解する可能性があるということになります。

せっかく努力したのに・・

なんか虚しくなりますね。

 

アルコールが一番先に分解される

 

アルコールはエンプティカロリーだから、太らない

このようなことを聞いたことはありませんか?

確かにアルコールは飲んでもすぐにエネルギーになるため、

単体の場合、太らないかもしれません。

しかしアルコールを分解している間、

食事から摂取したエネルギーは消費されていません。

 

その結果分解されない炭水化物・タンパク質・脂質が、

身体に脂肪として残るわけです。

 

しかも、タンパク質が分解されないということは、

筋肉にも悪影響があるということです。

 

またいくら食事に気をつかっていても、

お酒を飲んでいる時は食欲も高まり、理性も通常ではなくなっています。

お酒に合う料理の多くは糖質や脂質が多く、

また塩分なども多く含まれているものがほとんどです。

 

料理を一切食べずに飲み続けるという人は良いかもしれませんが、

そうではない人は体脂肪が蓄積されていってしまいます。

 

それでもお酒を飲みたい・・・。

 



 

息抜きも大事

 

時には、自分へのご褒美も大事です。

おかしが好きな人は、おかしを食べたっていいと思います。

お酒が大好きな人は、

飲むお酒の種類を選んだり

休肝日を設けたりすることで、

筋肉への悪影響を最小限に留めることができると思います。

 

 

オススメのお酒は蒸留酒です。

ウイスキー・焼酎などですね。

 

飲み方はハイボール(ウイスキーのソーダ割り)

サワー(焼酎の炭酸割り)

などがいいと思います。

味のヴァリエーションも豊富です。

 

 

 

まとめ:筋トレもお酒も付き合い方を考えよう!

 

筋肉に悪いからお酒を断つ!と意気込んでも、

もともとお酒が好きな人にとっては

ストレスになる可能性が高いです。

そして前述した通り、

ストレスも筋肉には悪影響を及ぼします。

 

メリハリをつけてお酒を飲んで、

更に筋トレを頑張れる!ということであれば、問題ないです。

むしろ精神衛生上いいかもしれません。

 

しかし筋肉には決していいものではないので、

ほどほどにお酒も楽しみましょうね。