初心者にオススメの筋トレグッズ
初心者向け情報

即効でむくみを解消する食事方法【1日でも効果あり】

 

こんばんは筋肉学長です。

今日は「むくみ解消」についての記事を書かせていただきます。

急な合コンやデートが決定しても、

体脂肪をがくんと落とすことは難しいですが、

むくみをとることによって、痩せて見せる効果があります。

体重を落とすというよりも、見映えをよくするという点で

むくみ解消は即効性があるので、オススメです。

 

最短でむくみをとる食事法

・基本自炊
・カリウム多めの食材をとる
・塩分を減らす(無くすのは危険)
・コンビニの食品を避ける
・水をこまめにたくさん飲む

 

この記事を読むと

・むくみの原因が分かります。

・むくみを抑える食事法が分かります。

・むくみ解消グッズをご紹介します。

 

それでは早速参りましょう!

 

むくみの原因

 

様々な要因が考えられます。

・お酒(アルコール)の飲み過ぎ

・塩分の取りすぎ

・座り仕事(デスクワーク)などでずっと同じ体勢でいる

・女性であれば生理前

・むくみの症状が現れる病気

などなど。

単純にむくんでいるだけなのに、

太ってきたと勘違いする人も多いようです。

むくみは基本的に「体内の水分が増え、溜め込んでる状態」となります。

 

むくみ対策

 

・塩分を減らす

 

塩分過多はむくみの原因となりますので、

まず料理から塩を減らしましょう。

※塩を全く取らないことはとても危険なので絶対にやめてください。

いつもの半分ぐらい摂取するぐらいの気持ちでいいと思います。

 

・水分補給をこまめにする

 

塩分を減らすと、体から水分が抜けやすくなるので

こまめに水分補給をすることを忘れないようにしましょう。

普段から水をあまり飲まない人は2ℓぐらい飲めるように意識しましょう。

 

・カリウム多めの食材をとる

 

カリウムはミネラルの一種です。

体内の水分バランスはナトリウム(塩)とカリウムによって調節されています。

そのため、カリウムを意識してとることによって塩分の排出を手助けしてくれます。

カリウムは野菜類・きのこ類・芋類・果物などに含まれていますが、

今回のテーマは「即効性」なので、

炭水化物を避け野菜類・きのこ類を中心にカリウムを摂取することをオススメします。

・コンビニの食品は食べない

 

コンビニの食品には、たくさんの塩分が含まれています。

ちなみに日本人の1日辺りの平均塩分摂取量は下記となっています。

 

日本人の1日あたりの平均塩分摂取量

男性 ・・・・・ 11.1g

女性 ・・・・・ 9.4g

厚生労働省『平成25年国民健康・栄養調査結果の概要』

 

ちなみに高血圧や病気のリスクを避けるために1日5gから6gを推奨されていますので、

日本人は基本的に塩分摂取量が多めとなっています。

コンビニの加工食品は塩分の量が非常に多いので、

商品にもよりますが3品程度食べてしまえば1日の摂取量をオーバーすることもあります。

むくみをすぐに取りたい時にはコンビニの食品は避けて自炊を基本としましょう!

 

例・・・

サラダチキン・・・1g~2g

カップラーメン・・・3g〜5g

 

・炭水化物を減らす

 

先ほども少し触れた通り、

炭水化物を減らすことはむくみ対策に効果があります。

炭水化物は1g辺り3グラムの水分を取り込むため、その分水が抜けることになります。

 


上記のようなツイートを先日させていただきましたが、

炭水化物制限ダイエットの初期は水分が抜けるため、

体重ががくんと落ちることがあります。

そのためむくみ解消にも効果があるというわけですね。

関連記事:炭水化物を減らすダイエットは痩せる?注意点は?

 

その他におすすめのむくみ解消方法

・有酸素運動(ジョギングやウォーキング)

 

有酸素運動は体から汗が流れるので、むくみ解消効果もあります。

 

・半身浴(入浴)

 

入浴はむくみ解消には効果的ということはよく知られてますね。

しかし塩分を抜いている場合は、長時間の半身浴はお気をつけください。

 

・小顔ローラー

 

むくみが一番気になるのは顔ですよね。

小顔ローラーは即効性があるので家に一つ置いていてもいいかもしれませんね。

 

Sepoveda Y字型美容ローラー 美顔ローラー マッサージローラー 小顔ローラー フェイス&ボディー用 美顔器 3D 充電不要 マイクロカレント シルバー

新品価格
¥2,299から
(2019/2/18 22:39時点)

まとめ

 

むくみの原因は体内に水分を溜め込むこと。

・基本自炊

・カリウム多めの食材をとる

・塩分を減らす(無くすのは危険)

・コンビニの食品を避ける

・水をこまめにたくさん飲む

上記のポイントを意識すれば、1日でだいぶ効果が現れると思います。

その他にも、有酸素運動・半身浴・小顔ローラーなどを駆使して

むくみ解消を目指しましょう!

 

おすすめの記事

【2019年版】大手パーソナルジムの料金や特徴を比較

男性向け脱毛【脱毛サロンとクリニックの違い】夏に向けて清潔感のある体を

こちらの記事もおすすめ!