初心者にオススメの筋トレグッズ
雑談

筋トレだけの人生は幸せなのか?考えてみた。

 

皆さんこんにちは、筋肉学長です!

最近は寒いですが、筋トレはサボらずできていますか?

思い起こせば5,6年前はジムに通っている人など

一部しかいなかったですが、

最近はフィットネスブームの加速により、

筋トレが趣味であるという方も増えてきたように思えます。

 

筋トレは一人でもできますし、

何と言っても自分自身の変化を楽しむことができるので、

どんどんはまっていく中毒性がありますよね(笑)

自分は一時期、筋トレさえあれば、他は何もいらないという時期がありました。

 

こんなツイートをさせていただきました。

 

筋トレが生き甲斐という人からすれば、反感を買いそうな内容ですが、

自分も「筋トレが全て」という時期があったからこそ、

この言葉には説得力があるのではないかと思います。

 

筋トレを生き甲斐にしないほうがいいと思ったきっかけ。

 

筋トレを始めて、3年目ぐらいの時に腰を痛め、

1週間筋トレどころか、日常生活にも支障が出るほどの怪我をしてしまいました。

後遺症があるような怪我ではなかったのが不幸中の幸いでしたが、

その時私は筋トレが全ての生活を送っていたため、とても落ち込みました。

「筋トレが出来ない生活が辛すぎる。なんてついていないんだ」と毎日のように

ネガティブな感情が押し寄せてきてしまい、鬱病のような症状になってしまったのです。

 

何もやる気が起きないし、悲しくもないのに涙が出てくる」といった状態です。

筋トレが好きではない人からすると、バカじゃないの?と言われてしまいそうですが、

当時の私はそのぐらい筋トレに依存していたのです。

 

その後、2ヶ月ほど何もやる気が起きなくなってしまい、筋トレも大事を取り休みました。

毎日なんとなく仕事に行き、なんとなく食事をとり、なんとなく生きていたような気がします。

※当時のはっきりとした記憶がないのです。

しかしこのままではいけないと思い、腰も完治した段階で、勇気を出してジムに行きました。

久しぶりのジムはとても爽快でやはり「筋トレ最高」と思いました。

別記事:筋トレって最高だよねって話

 

筋トレは依存症がある

 

私の個人的見解ですが、

筋トレには依存症があると思っています。

 

アルコールやタバコなどと違って

依存したとしても身体に悪い影響を及ぼことはないので

その点では安心ですが。

 

しかし筋トレは圧倒的に「時間」「体力」を費やします。

そしてそこに情熱をかければかける程、

失ったときに空虚感を味わうことになります。

先述した以前の私の様にですね。

 

筋トレ以外に熱中するものはあったほうがいい。と思う・・・。

 

 

もし筋トレを習慣化出来ているのであれば、

筋トレ以外のことに目を向けてみるのもいいかもしれません。

※これは筋トレが習慣化していない人には当てはまりません。

初心者の方は筋トレが習慣化することを優先しましょう。

 

かくゆう私は、本を読むことであったり、

こうやってブログを使って情報発信をすることが

今では筋トレと同様熱中していることの一つであります。

 

関連記事:筋トレ中心の生活でお金を稼ぐ方法

 

筋トレを通してどうなりたいのかを再度考える。

私は筋トレを休んでいる間、上記のことをずっと考えました。

女性にモテたい」という下心から始めた筋トレでしたが、

どんどん変わっていく自分の身体に自信を持てるようになり、

精神面でも安定する様になっていくのが嬉しくなりました。

 

しかしいつのまにか「筋トレ」を楽しめなくなっている自分がいました。

「サボったらよくない」「筋肉が落ちる」など、気付かないうちに

悪い意味で依存しているようになっていました。

もちろん今でも「サボりたくない」という気持ちはありますが、

昔と違い筋トレ以外に頑張っていること・楽しめることもいくつかあるので、

筋トレが出来ない状況でも落ち込むようなことはなくなりました。

そういう自分も受け入れよう!という気持ちです。

 

トレーニングが生き甲斐なのは悪いことではない。

 

散々否定的なことを述べてきましたが、

決して「筋トレ命」の人を否定している訳ではありません。

そういった方には、今後も筋トレを頑張って頂きたいですし、

熱中することは素晴らしいことだと思っています。

 

しかし!

人生は「筋トレ」以外にも楽しいこと、

やりがいのあることたくさんあるよ!

 

っていうのを最終的には伝えたかったんですよね。

もし筋トレ最近楽しめてないなーって人は、

今一度、視野を広げて新しい何かに挑戦するのもいいかもしれません。

駄文失礼致しました!

 

 

こちらの記事もおすすめ!