初心者にオススメの筋トレグッズ
ダイエット

ケトジェニックダイエットとは?やり方は?【初心者向け解説】

 

さて夏ももう間近にせまっています。

コロナの影響で自粛生活が続き、

いわゆる自粛太りしている人も多いのではないでしょうか?

 

そろそろ薄着の季節も到来します。

今年の夏は諦めようかなと思っている人も多いのでは?

時間的に少しきつめのダイエットにはなりますが、まだ間に合います。

 

そこで今日は最近人気のダイエットの方法の一つである「ケトジェニックダイエット」を解説したいと思います。

私も過去2回ほどケトジェニックダイエットをやってるので、

経験者としてアドバイスできると思います。

このように当ブログでは「筋肉とダイエットに詳しい管理人の筋肉学長」が有益な情報を発信していきます。良ければtwitterのフォローをお願いいたします。

 

この記事を読むと・・・

  • ケトジェニックダイエットがどんなダイエットか理解できます。
  • ケトジェニックダイエットに向いている食材、食べてはいけない食材が分かります。
  • 必需品”MCTオイル”を理解できます。

・そもそもケトジェニックダイエットとは?

 

ケトジェニックダイエットと聞くと「何その難しい横文字・・・分からない」となりそうですが、そんなに複雑なダイエットではないです。

 

分かりやすく言い換えると「究極の炭水化物抜きダイエット」とでもいいましょうか。

 

ただ世間一般的に溢れかえってる炭水化物抜きダイエットとのイメージとはかけ離れているかもしれません。

しっかりケトジェニックダイエットはルールを守れば、そこまで辛いダイエットではありません。

逆に食べることが辛いダイエットになるかもしれません・・・(笑)

 

この記事をしっかり読み込んでダイエットをスタートさせましょう。

 

炭水化物制限ダイエットとケトジェニックダイエットは違う

 

よくケトジェニックダイエットを勘違いしている方から、

「玄米とかオートミールなら少しでも食べて大丈夫ですか?」

「夜だけ炭水化物抜けばいいですか?」などの質問をいただくことがあります。

 

それは認識が間違っています。

 

前述したとおりケトジェニックダイエット=究極の炭水化物抜きダイエットです。

 

そのため主食の炭水化物はもちろん、調味料や果物の糖質などにも気を使わなければなりません。

 

もちろん炭水化物を調整して痩せるダイエット方法もありますが、ここでは割愛させていただきまして、後日解説させていただきますね。

 

炭水化物を完全に抜く分、脂質を大量に摂取する。

 

ケトジェニックダイエットの仕組みですが、

普段はブドウ糖(炭水化物)をエネルギー源としてるところから、

炭水化物を抜き脂質をエネルギー源にするダイエット方法になります。

その状態をケトーシスというのですが、難しい横文字は割愛します。

よく間違ったダイエット法として、炭水化物も脂質も抜くダイエットをしてしまう人が多いです。

 

長続きしませんし、体調を崩しますのでやめましょう。

 

脂質ってカロリー高いから、食べたら太りそう・・・と不安に感じるかもしれませんが、

脂質をしっかりとって痩せるダイエット方法なのでご安心ください。

 

・脂質は何から摂取する?~おすすめの食材~

 

タンパク質と脂質からカロリーを摂取するように心がけましょう。

脂身の多い肉(鳥もも肉、豚バラ肉、牛もも肉)など

魚介類(サバなどの青魚)

卵やチーズ(乳製品)

オリーブオイル サラダ油(油全般)

アーモンド、くるみ(ナッツ類)

 

上記などがおすすめの食材です。

ただ、鶏もも肉をから揚げで食べるなどはNGです!

衣には炭水化物が含まれています。

 

そのほかにも「めんつゆや焼き肉のタレ」などの調味料などには

隠れ炭水化物があるので、気を付けてください。

 

1食あたり限りなく炭水化物をゼロにするのが理想ですが、それは難しいので

1食あたり10g以下を目指すようにしましょう。

April 2, 2017

 

食材にどのぐらいの炭水化物が含まれているのかわからないという方は下記のサイトを参考にしてみてください

https://calorie.slism.jp/

 

食材の名前を入れると栄養成分表を見ることができます。

 

またコンビニなどでは栄養成分表示があるのでそこを見て判断するのもいいかもしれませんね!

 

 

・ケトジェニック中に食べてはいけない食材

米・パン・麺などの主食系

スナック菓子

揚げ物全般

ビールやカクテル

 

などなどです。

基本的にこれらの食材は炭水化物が大量に含まれているので、摂取を避けましょう。

 

 

・MCTオイルを活用しよう!

 

ケトジェニックダイエットに必須のアイテム「MCTオイル」を活用しましょう。

 

MCTオイルとは…日本に直すと「中鎖脂肪酸」です。

 

MCTオイルには、植物油にはない様々な利点があります。

 

難しい理論はここではおいておいて。

 

この2点がケトジェニックダイエットに向いている理由です。

  • 消化に余分なエネルギーを使わない
  • 吸収されるスピードが早いためエネルギー源になりやすい(脂肪燃焼)

 

つまり糖質のエネルギーが不足している代わりに脂質をエネルギー源にするケトジェニックダイエットに相性ピッタリなのがMCTオイルなのです。

 

脂質を体内に入れてから、エネルギーになるまで時間がかかるため朝にMCTオイルを入れたコーヒー(バターコーヒー)などを飲むと、体調が整いますのでぜひやってみてください。

 

注意点

・一度に大量に摂取すると下痢になりやすいので最初は3g~5gずつ摂取しましょう。

・フライパンなどにしくサラダ油のような使い方はできないので、サラダにかけたり、飲み物に入れたりしましょう。

 

おすすめのMCTオイルは下記です。

 

 

ケトジェニックダイエット おさらい

 

・しっかり炭水化物を制限すれば脂質は怖くない。どんどん脂質からカロリーを摂取しよう!

・脂質・タンパク質メインの食材(肉・魚・卵)を使い、隠れ炭水化物(調味料や揚げ物)などに気を付けよう!

・MCTオイルを活用して、ケトジェニックダイエットを攻略しよう

関連記事

脂質制限ダイエット(ローファット)のメリット・デメリット
【経験談】ダイエットを初めて変わった10のコト

こちらの記事もおすすめ!